blog

インスリン必要本数簡易換算表

2017年03月17日

外来でインスリン注射の患者さんへの処方本数を暗算でするのが面倒だなと感じられるあなたに!!
私たちがクリニックで用いている、考えればなんてことない本数換算表をこっそりお教えします。


上のようなカラムをEXCELに作ります。

次の外来日は何日後、1日の総単位数(から打ちも含め)を入力すると、次回必要単位数はEXCELが計算してくれます。1バイアルの総単位数、次回必要な単位数は、上の必要単位数から手持ち単位数を引き容量で割れば必要な単位数が表示されます。

簡単でしょう!! 添付できればEXCELを添付いたします。
試して使って(作って)ください。
昔、作ったファイルを引っ張り出してきました。

ただしスタッフからそんなのに頼るような知恵を働かせたら脳の老化が早まりますよとのことでした。もっとも、もっとも。

日数 1日の総単位数 次回必要単位数 残っている本数
30 28 840 1
容量 手持ちの単位数 必要な単位数 必要な本数
450 450 390 1.3

クリニックのご案内

住所:福岡市中央区高砂1-8-8サンクス渡辺通2F
電話番号:092-406-2600

初めて診察をされる方は、検査データとお薬手帳をご持参ください。

糖尿病は「勃起不全(ED)」との関連が高い病気のひとつです。三村かずお内科クリニックでは、ご相談いただければED治療を行います。まずはクリニックまでお電話にてお問い合せください。
  • クリニック内にディスプレイしているクラフト作品です。ドイツ・オーストリアに古くから伝わる木の実とスパイスのクラフトになります。

ページの先頭へ戻る