blog

待合いギャラリー

2015年08月22日

私のクリニックの待合室は受診された患者さんになるべくリラックスしていただこうと、家内の趣味であるドイツ、オーストリアに古くから伝わるお手製の木の実とスパイスのクラフト、リースで壁にあふれています。“Blumenshmuck(ブルーメンシュムック) ドイツ語でBlumenは花、Shmuckは装飾という意味です” 

調度品にはこれも、スイス、南ドイツ、オーストリアに古くから伝わる独特の彩色が施された長もちや家具があります。この絵の描かれた家具のことを同様にドイツ語でBauernmobel (バウエルンメーベル)Bauerunは百姓、Mobelは絵という意味です。これらの待合室に飾られた家具はすべて家内のお兄さんのお手製です。
家具の中にはマガジンラックがあるのですがこれは私の三人の娘たちが赤ちゃんの時に休んだ“ゆりかご”です。側面にはこのゆりかごで休んだ私の三人の娘たちを含めた赤ちゃんたちの名前が書いてあります。

私は60歳前で開業しました。それまできっと勤務医でこのまま過ごすのかと私と家族は考えていました。人生には“変身”のチャンスが何度かあるものです。その変身を強引に突きつけた医師会に感謝します。“変身”を感じて動き出すかどうかは本人次第。私の人生もかなりのもので、ちょうど1年前決心しなければ今はありません。人生とはこういうものだと思っています。素敵なものがほしいなという気持ちが素敵な“あたし”とか、素敵な“あした”を作ってくれるものだと思っています。

糖尿病という診療科は他科の先生のご支援が必須です。ぜひ、今後ともご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。

クリニックのご案内

住所:福岡市中央区高砂1-8-8サンクス渡辺通2F
電話番号:092-406-2600

初めて診察をされる方は、検査データとお薬手帳をご持参ください。

糖尿病は「勃起不全(ED)」との関連が高い病気のひとつです。三村かずお内科クリニックでは、ご相談いただければED治療を行います。まずはクリニックまでお電話にてお問い合せください。
  • クリニック内にディスプレイしているクラフト作品です。ドイツ・オーストリアに古くから伝わる木の実とスパイスのクラフトになります。

ページの先頭へ戻る