blog

タニタ食堂

2014年09月02日

タニタの社員食堂と、そのヘルシーレシピがちょっとしたうわさを呼び、メデイアに取り上げられる機会が増えてきています。先日タニタの管理栄養士さんの講演があり、福岡の薬院に支店がオープンしましたので話を聞きちょっと偵察もしてきました。なるほどなという内容もありましたので減量で悩んでいるあなたにこっそりお教えします。タニタのランチは主食のごはんと1汁3菜の5品目がそろってボリューム、栄養ともに十分なのにカロリーはかなり控えめの1食平均500kcalというのが特徴です。1汁3菜というのは日本糖尿病学会が推奨する"old classic Japanese food" そのものです。ではどこが違うのかを聞いてみるとその工夫が分かりました。

  • カロリーは1食平均500kcalと一般食堂の定食より控えめです
  • 塩分の総量は約3グラムです。多少物足りないと感じる人もいるのではないでしょうか
  • 社員食堂には毎日その日の献立表が張り出されます
  • タニタの社員食堂では自分でごはんを計って食べるようになっているそうです
    お茶碗に軽く1杯100g で約160kcal
    普通に盛ると150g で約240kcal
    大盛り200gで約320kcal と明示されています
    みんなの前で大盛りにつぐのは勇気がいるでしょう
  • ゆっくり、しっかり噛むことを推奨され、前触れなく白米から胚芽米や玄米に種類を変えるそうです。これならゆっくり、しっかりかまないと食べられません。また、野菜は大盛りで細かく刻まないので、ボリボリ食べないと食べられません。
  • 食材の工夫は油を減らすことでカロリーを減らしています
  • 味付けは塩分を控えた分だけ香りのいい野菜、スパイスで補います だからレモンやお酢などを使うそうです
  • タニタの食堂のテーブルには塩、こしょう、しょうゆの類は中央のカウンターにのみしか置いてないそうです。しかもしょうゆはもともと少量しかはいってないそうです。ドレッシングも当然中央のカウンターにあるだけです

これが食堂の工夫です。前提はおいしい食事です。

でも満腹になりたい社員は敬遠するかも!!ただこれを継続できた社員は減量に成功するでしょう

さらに計量器メーカーですので各種の体の変化が一目瞭然で分かります。しかもこの情報はインターネットで社員に公開されています。
例えば

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 基礎代謝量 安静時も消費される基本的な代謝量
  • 体内年齢 実年齢と違う、体の年齢
  • 筋肉量
  • 内臓脂肪量 この機械群が食堂にごろごろしているそうです。

クリニックからのお知らせ

2019.06.18
お盆休みについて
2019.04.02
ゴールデンウィーク中の休診について
2019.01.08
臨時休診のお知らせ

クリニックのご案内

住所:福岡市中央区高砂1-8-8サンクス渡辺通2F
電話番号:092-406-2600

初めて診察をされる方は、検査データとお薬手帳をご持参ください。

糖尿病は「勃起不全(ED)」との関連が高い病気のひとつです。三村かずお内科クリニックでは、ご相談いただければED治療を行います。まずはクリニックまでお電話にてお問い合せください。
  • クリニック内にディスプレイしているクラフト作品です。ドイツ・オーストリアに古くから伝わる木の実とスパイスのクラフトになります。

ページの先頭へ戻る